濱松一中・浜松北高同窓会 関東支部総会 2020 ~扉~

mail

プログラム(2020年11月14日)

14:00

開宴

関東支部会長のご挨拶

同窓会長のご挨拶

乾杯

15:10

校歌および生徒の歌斉唱

15:20

新45回生への引継ぎ式

プログラムの時間帯は目安です。進行状況により前後することがございます。

スペシャルトークセッション
「増田明美の“やっぱ北高、どイイら?”@浜松町」

テレビでおなじみあの増田明美さんと、校長先生、卒業生・杉本龍勇さんによるスペシャルトークセッションです。増田さんの細かすぎる(?)質問に校長先生も杉本さんもタジタジ!? 3人のトークから、北高の今と昔に迫ります。

<出演者>

増田 明美(ますだ・あけみ)

増田 明美(ますだ・あけみ)

スポーツジャーナリスト。女子マラソンのトップランナーとして1984年ロサンゼルス五輪に出場。92年の引退までに日本記録を12回、世界記録を2回、更新した。引退後は執筆活動やテレビ解説で活躍。きめ細かな取材にもとづくわかりやすい解説が人気。2018年6月には日本パラ陸上競技連盟会長に就任したほか、大阪芸術大学教授、日本陸上競技連盟評議員、日本障がい者スポーツ協会評議員も務める。

長井 利樹(ながい・としき)

長井 利樹(ながい・としき)

浜松北高校校長。1985年4月、静岡県公立高校の数学科教員に。佐久間高校、磐田南高校を経て、1997年4月から2015年3月まで静岡県教育委員会事務局にて管理主事として教職員の指導・支援にあたる。2001年4月からの6年間は、静岡文化芸術大学に出向し、同大学の学部管理運営並びに大学院の設置等の業務にも携わる。2015年4月、校長の職に就き、湖西高校校長、藤枝東高校校長を経て、2019年4月から現職。静岡県高等学校長協会において進学指導委員会委員長、バレーボール専門部長、囲碁専門部長などを歴任し、現在は同協会副会長、静岡県西部ブロック校長会会長を務める。

杉本 龍勇(すぎもと・たつお)

杉本 龍勇(すぎもと・たつお)

1970年静岡県生まれ。1989浜松北高卒業。法政大学へ進学、在学中に開催されたバルセロナオリンピックで100m走および4×100mリレーにアンカーで出場し、6位入賞、アジア新記録(38秒77)を樹立した。2010年に法政大学経済学部准教授、2011年に教授に就任、現在に至る。指導者としてもサッカー日本代表の岡崎慎司選手のパーソナルコーチなど精力的な活動を続け、スポーツ振興に努めている。

浜松-東京横断フラッグリレーマラソン

幻のオリンピックイヤーとなった2020年。浜松北高を出発点とし、東京までの全約250kmを卒業生が駅伝形式でつなぐ、フラッグリレーマラソンを企画しました。五輪の聖地ギリシア・アテネの空気を染みこませた「特製校旗」に浜松同窓会総会の想いも乗せ、卒業生の汗が染みこんだ「襷」とともに浜松から東京へと運んでいきます。

Map

当日は、この模様をまとめたスペシャル映像を上映します。母校の伝統と誇りを胸に走る卒業生の模様をお見逃しなく。なお会場には、最終ランナーがゴールする予定です。

概要・イメージムービーはこちらからください。

http://kitako-kanto.org/2020/
*ランナー募集は締め切りました

2020年9月12日

image photo

「浜松-東京横断フラッグリレーマラソン」の初日が行われ、無事「藤枝」に到着しました。

第一走者は、新44回卒で本年同窓会実行委員長の長谷川さんと、新38回卒で現役北高教員の堀さんです。

当日朝、
北高正門にて、長谷川さんには長井校長から襷が、堀さんには中野新同窓会長から校旗が渡されました。直前までの雨予報が外れ、晴天に。富士山も顔を出し、18組の卒業生の皆さんの力走に花を添えました。ランナーの皆さん、本当にお疲れ様でした!